ぽっちゃりさんの体型カバーファッションはみんな一緒?

   


ぽっちゃりさんの着やせはみんな同じセオリーでいいのか?

63284780

正直、ほんとにスタイルがいい方が絶対にお洋服は素敵に着こなせます。

 

特に今はやりのプチプラであったり、シンプルな服っていうのは、服自体に特徴がないものが多い。

だからこそ、着るその人そのものの体型で大きく変わります。

 

簡単にいうと、高い醤油を使うのと、安い醤油を使うのと、まったく同じ料理を同じ人が調理した際にどちらがおいしいか?

いう間でもなく高い醤油です。

 

素材=その人の体型

 

によって、服を着た際の出来上がり具合は随分と変わります。

 

シンプルな服をさらっとカッコよく。

ゆるっと着られている感の着こなしで。

 

とかっていうのは、正直、ぽっちゃりさん(その中でもちびっこさん)には難しいもの。

 

だけど、だからって好きな服を着ることをあきらめたくない。

 

じゃーーー痩せよーーーと言われるかもだけど、痩せたいと思って、明日明後日には痩せないもの。

 

そこで活躍するのが、着やせ術。

ほんの一瞬で、

選ぶ選択をちょっと変えるだけで、

着やせが叶い、

 

かつ着こなしやアレンジを加えるちょっとした技をつかうだけで、

簡単に着やせができるのです。

 

63118445

オンナならだれでも細く見せたい!!

これ、当たり前だと思うんです。
日本では特に『痩せている』がいいとされているだけに。

 

だけど、誰も体重を下げて歩くわけではないし、いきなりどこでも服を脱いでぶよぶよスタイルをご披露するわけでもない。

だからこそ、どう見えるか???が大事なんです。

 

じゃ、どうやって着やせするのか?

 

 

みんな同じ方法で着やせが叶うと思っていませんか?

実はこれはまちがいです。

 

どうしても一般的な本などでは、一般にあうものが紹介されているのは事実。

 

だけど、実際にぽっちゃりしている人がそれを実践してもみんながみんな細く見えないんです。

 

それはなぜか??

 

 

答えは簡単。
一人一人体型が違うからです。

 

 

同じようにぽっちゃりしている。にしても全員体型はちがいます。

同じように、お腹が出ているというコンプレックスを持っていても、下っ腹だけが出ているのか、

胃のあたりから全体がでているかによって、悩みも違うし、カバーの仕方も変わってきます。

本気で体型に悩んでいる人はなんとなく、細く見えるじゃダメなんです。

最強に細く見える、着やせ術が必要です。

でも、この気持ちって、同じように悩んでいる人しかわかりません。

例えば雑誌で見る人や、最近一般の人にもポピュラーになってきた、パーソナルスタイリストのみなさん。

 

素敵なひと、多いですよねーーーー♡
ほれぼれします。

 

あたしもああなりたい!!と何度思ったことか 笑

でも、体型があまりに違い過ぎて、あぁはなれないことも知っているし、もはやおしゃれな人はおしゃれすぎて、なんなら近寄れない・・・

みたいな気持ちがあります。

 

 

だって、組み合わせとして、これとこれを合わせてーーーっておしゃれな服を選んでくれそうだけど、ぽっちゃりで着れないという気持は絶対にわからないと思うから。

それにきれいな人やかわいい人はそれだけで何を着ても素敵なんです!!

ってもうひがんでいる人ですけど、ほんとにコンプレックスの塊のような私はそう思っていました。

 

 

太っているから似合わない

ぽっちゃりしているから何を着てもちんちくりん

だけど、そんな自分とさよならするわけにもいかないし、服をあきらめるのは嫌!!
だからこそ、一枚買うにも必ず試着をして少しでも細く見えるを研究し続けてきました。

 

だからこそ、ぽっちゃりには詳しいと思います。

だって、私自身もうずっとぽっちゃりですから。

 

 

でね、たくさん本も読んだけどやはり着やせはその人に合ったものを取り入れないといけないと思うんです。

合わない着やせ術は、正直かえってその人を太く見せます。

 

抜け感を作り、細く見せる3首見せも、確かにおしゃれ感はアップするかもしれないけど、

手首も足首も超太い人が出しても場合によっちゃーーー、うーーーん、肉!!

太い!!ってかえってなりますから。

あなたは一体、どこがぽっちゃりなんでしょうか?

 

まずはしっかりと自分のぽっちゃり部分と、ほっそり部分を見つけ出し、体型を分析するところから、着やせは始まるんです。

着やせしたい人。

まずはそこからスタートしてみてください。

 

The following two tabs change content below.
yui1123

yui1123

林ゆい 8歳女子のママ。身長153センチ。母も父も太っていたことから、小さいころはトン(豚)族一家と呼ばれていた。特に母がかなり太っていて、潜在的にこうはなりたくない!!と思うように。高校の頃、ピークに太り58キロまでになるが、好きな人が『細い子が好き』というのを知り、ご飯があまり食べれなくなり、18キロ痩せ、40キロになるが、それでは自分は太っていると感じて、肯定することができなかった。徐々に年をかさねるにつれ、体重は増えていったが、実際に太っているかどうかは数字ではなく、結局人からどう見えるかが大事と感じ、少しでも細く見える服選びを研究するように。人からも体重を聞くと驚かれるなど、太って見られることはなくなった。ダイエットはいくらがんばってもすぐには叶わないが、服の選択を変えることは一瞬で叶うことから、同じように悩んでいる人に、少しでも細く見えることで前向きになってほしいとの思いから、着痩スタイリストとして着やせを提案している

 - ■ぽっちゃりさんの着やせ術