ぽっちゃりに大事な小物選びはここ!!着やせに効く、小物選び

   


小物を付けるとおしゃれになるけど、ここを間違うとより肉厚感が増してしまう!!

t02200330_0236035413227186210

ここ何年も、服はシンプル、その分小物で味付けをするというスタイルが定番となっていますね。

ユニクロのブームなども重なり、一般的に誰でも着やすい服がプチプラで、出回っており手に入れやすい。

その分個性が出にくいので小物で、個性やおしゃれ感を出すという感じ。

 

 

でも、この小物

確かにおしゃれに見えるものではあるけれど、間違えるとかえってぶーちゃんに見えたりします。

 

 

えっっ???小物でぶーちゃん??

こんな小さいのに?

なぜ???

 

 

って思うかもしれません。

 

 

そこで、特に気を付けたい小物選びの着やせポイントをお伝えします。

 

 

特に気を付けたい小物は〇〇〇〇〇〇と〇〇〇〇〇

43516926_480x320

さて、○○を見て、何か気づきましたか?

 

 

正解はブレスレットとネックレスなのです。

 

 

本来着やせや抜け感を出すのに重要と言われる3首のうちの2首についてくるアクセサリー

普通は手首も足首も首も見せるだけで細く見えて抜け感がでる。そのためおしゃれに見えるってのが一般的なセオリー

でも先日もお伝えしたように、ほんとに太い首や手首を見せるのが必ずしも細く見えるんですか??

ってことです。

 

(首アラフォーなどであれば見せた方がいい場合が多いのでこちらはあらためて描いてみたいと思います)

 

太い手首に、流行っているから、かわいいから、おしゃれだから・・・と

市販されているぴちぴちぎゅうぎゅうの、ブレスレットをつけても、ただムチムチを強調されるだけ。

 

首も特にチョーカーなどは本来の巻き方(首に沿うように巻く)とただの、首輪のようにしか見えません。

 

 

要するに、ただつけるだけではかえってムチムチを強調させるに過ぎないんです。

 

 

だって、手首だけみえていれば、メリハリはなく目立たないのに、そこにブレスレットやなんやらを付けると自然に目がいきますし、

分断された分短くも見えます。

 

そこで、そう見えないようにするために必要なのは、サイズ感を大事にする。これが重要なんです。

なので、基本ぴっちりしたものは選びません!!!!

 

なるべくハンドメイド作家さんなどにオーダーをして、自分仕様に大きくしてもらいます。

そして、つけたときにゆるっと感が出るように工夫しています。

 

ネックレスも特にだいたいが長さが一定で決まっています。

 

なので、どの位置に来るものが自分の首をキレイに見せてくれるのかにはトコトンこだわります。

 

鎖骨と鎖骨の間がいいのか、もう少し長めがいいのか?

これはその人の肉付きによって変わります。

 

いうなられば、骨格診断は一般的ですが、肉付き診断ですね 笑

ぽっちゃりを気にするがあまり、いろんな人を触らせてもらって研究してきたいわばぽっちゃり研究家なので、どこをどうすれば細く見せれるかは

すぐにわかると思います 笑

 

小物なんかは、まさにちょっとの手間なんです。

しかもあんまり、着やせに関係ないと思いがちな部分。

だけど、これをするかしないかだけで、随分と細く見える・見えないが変わってきます。

 

少しでも細くみせたいなら細部までこだわる。

これが重要なんです。

 

The following two tabs change content below.
yui1123

yui1123

林ゆい 8歳女子のママ。身長153センチ。母も父も太っていたことから、小さいころはトン(豚)一家と呼ばれ、それ以後もずっと太っていたことから、太っていることに悩み続けてきた。しかし、服をどう選び、どう着るかによって痩せて見えることがわかるようになり、着痩せを研究するように。

 - 未分類