実証!!着やせマジックでウエストすっきり

   


ぽっちゃりさんはついウエストを隠しがち

ついついぽっちゃりさんは、隠すことで細く見えると思いがちなんです。

 

確かに自分の体型は誰よりも一番自分が身近で見ているので、目立つところはより目立っているように感じます。

 

でも人はどれだけ近くても50センチ以上は離れた距離感にいますし、普通ならそれ以上の距離にいることが多いかと思います。

 

特にぽっちゃりさんのお悩みポイントの一つであるお腹が出ているぞ!!問題。

 

先日、実際にぽっちゃりカバー・着やせスタイル同行ショッピングでお客様の許可をいただき、お写真を撮らせていただいたので、こちらでも解説したいと思います。

まずはお客様の普段はこんな感じ

 


ウエスト周りを少しあげて、あえてウエストを見せるとこんな感じ。
まさに着やせマジック!!!

 

どちらがウエストがすっきりしているか、一目瞭然ですね。

横から見ても

img_3768.jpg

img_3768.jpg

 

自分の目で見ると上から下にあるおなかを見るので、ウエストを見せることで、おなかがより強調されているように思いがちですが、

実際こうやって写真でとると、どちらがすっきり、そして、バランスがいいかというと、

 

ウエストを出している方です。

 

また、見せることで足も長く見えます。

 

 

こちらのお客様、なんと身長は148センチ。
でも、見えないですよね。

 

 

同じ服を着ても、ちょっとした着方の違いで、本来は見せたくない、コンプレックスを感じがちなウエストが

こんなにすっきりするんです。

 

 

着やせは自分で見るよりも、人に写真を撮ってもらうと、人から見た自分がよくわかりますよ

 

 

 

The following two tabs change content below.
yui1123

yui1123

林ゆい 8歳女子のママ。身長153センチ。母も父も太っていたことから、小さいころはトン(豚)族一家と呼ばれていた。特に母がかなり太っていて、潜在的にこうはなりたくない!!と思うように。高校の頃、ピークに太り58キロまでになるが、好きな人が『細い子が好き』というのを知り、ご飯があまり食べれなくなり、18キロ痩せ、40キロになるが、それでは自分は太っていると感じて、肯定することができなかった。徐々に年をかさねるにつれ、体重は増えていったが、実際に太っているかどうかは数字ではなく、結局人からどう見えるかが大事と感じ、少しでも細く見える服選びを研究するように。人からも体重を聞くと驚かれるなど、太って見られることはなくなった。ダイエットはいくらがんばってもすぐには叶わないが、服の選択を変えることは一瞬で叶うことから、同じように悩んでいる人に、少しでも細く見えることで前向きになってほしいとの思いから、着痩スタイリストとして着やせを提案している

 - 未分類