2017年トレンド 着やせに効く・おススメ着やせ小物

      2017/02/10


おしゃれに欠かせない小物。2017年着やせに効くおススメ小物は?

以前少し記事に書きましたが、着やせで大事なのは、体型を視覚的によく見せることが必要で、
ウエストがくびれていなくても、くびれているように見せることが大事です。

そして、2017年はそんなウエストを細く見せたい方におススメの小物がたくさん

 

特に必ず手に入れたいのがこちらのサッシュベルト

(お写真はCLASSY3月号よりお借りしています)

 

もともと着やせに一押しだった、太ベルト。

 

ただ、ここのところはあまり出回っていなくて、太いものを探すのが大変でしたが、今年はたくさんのベルトが出てきます。

 

その中でも特におすすめなのがサッシュベルト

img_3860.jpg

 

何故かというと、どうしても普通のベルトだと、まずベルト穴というものがあるために自分のジャストサイズには持ってきにくいというデメリットと、太いと下手したらベルトが短いという可能性も。

 

その点サッシュベルトは自由自在。

そして、ベルト自体が結んで締めるのでどこでも自分にとってベストなウエスト位置につけることができます。

 

今までウエストINが苦手でできなかったって方でも巻くだけで同じ効果が得られるサッシュベルト。
→ウエストINした場合の着やせ効果はこちら

 

 

2017年の春夏はサッシュベルト以外にもいろんなベルトが出てきますが、

着やせ効果を狙うならまずはサッシュベルトを手にいれたいところ。

 

 

幅が広いため、巻く際にきつさを調整すればウエストのお肉を抑えることもできますし、
なんなら食べ過ぎまで防げてしまうすぐれものだったりします笑

 

既に店舗でも出てきているので、早めに購入したいところですね。

CLASSYの写真を見てもわかるように着やせ効果は一目瞭然。

 

そして、その次に買うとしたら太めのベルト。

img_3859.jpg

細いベルトはウエストのお肉に負けてしまいます。

食い込んだりして、却ってムチムチ感を目立たせるのです。

img_3857.jpg

img_3856.jpg
例えばズボンの上にお肉がのっていたら、そののっている分と同じ厚さになるようなベルトを着けるほうが

のっているお肉は目立ちません。

 

 

真横から見ると、面一のようなイメージ。

 

真正面から見るとベルトをつけることで、ウエスト位置を明確にしてメリハリを作ります。

 

お腹にのる肉の着やせのポイントは隠すよりも厚みを消すことの方が大事ともいえるんですよね。

あなたのお腹のお肉はどうやったら着やせさせることができるのか?

これはサービスを受けて下さった方のみ個別に指導させていただきますね笑
まさに、着やせマジックですから 笑

 

こちらなんかは、初心者でも使いやすくておすすめです!!

 

The following two tabs change content below.
yui1123

yui1123

林ゆい 8歳女子のママ。身長153センチ。母も父も太っていたことから、小さいころはトン(豚)族一家と呼ばれていた。特に母がかなり太っていて、潜在的にこうはなりたくない!!と思うように。高校の頃、ピークに太り58キロまでになるが、好きな人が『細い子が好き』というのを知り、ご飯があまり食べれなくなり、18キロ痩せ、40キロになるが、それでは自分は太っていると感じて、肯定することができなかった。徐々に年をかさねるにつれ、体重は増えていったが、実際に太っているかどうかは数字ではなく、結局人からどう見えるかが大事と感じ、少しでも細く見える服選びを研究するように。人からも体重を聞くと驚かれるなど、太って見られることはなくなった。ダイエットはいくらがんばってもすぐには叶わないが、服の選択を変えることは一瞬で叶うことから、同じように悩んでいる人に、少しでも細く見えることで前向きになってほしいとの思いから、着痩スタイリストとして着やせを提案している

 - ■ぽっちゃりさんの着やせ術