定番アイテムの白シャツ

   


 白シャツは定番がゆえに、選べない!?

暖かくなってくると、特に活躍する白シャツ。

ビジネスの場から、カジュアルにまで幅広く活用できる超定番アイテム。

でも、とりあえず持っている・着ているという人も多くて実際、ほんとに似合う1枚を選ぶのって難しいと思いませんか?

 

だって、定番すぎて、世の中にはたくさん白シャツが出ていますから。

試着するにしたって、数が有りすぎるとそもそも比べられない!!

なんてことになりますよね。

 

でも、定番だけに自分に似合う一枚を選べると活用できること間違いなし!!

実際先日の着やせ同行ショッピングのお客様の写真を見てみましょう

 とりあえず試着

お客様の理想がシンプルでかっこいい女性というイメージ。

今までは色のお洋服が多いということで、あえて白シャツを試着していただきました。

 

同じお店で比べやすいように着てもらいましたが、比べてみるとよくわかります。

最初のは襟元の詰まった、硬い生地のシャツ。

着ると、どこか野暮ったい感じになって、

 

即、なし!!と却下。

次に柔らかい生地。インナーもすけてしまうような

しわ感を楽しむ生地ですが、自然な感じで着れる一枚。
ただ、普段着るのが黒のズボンが主流ということで、もう少し

女性らしさというか、きっちり感もほしいかなーーーというところで、

△という感じでした。

 

最後に着たこちらバッチリお似合いでした。

 

生地も普通の綿でアイロンをかけないと着れないタイプ。

丈が短めで、全体のシルエットも今どきらしく大き目。

今っぽさと女性らしさがよく出ている一枚でした。

 

同じ白シャツでも比べてみると、似合うものと似合わないものがあるのがよくわかります

 真っ白に要注意!!

似合うの要素は

・色

・カタチ

・素材

 

です。

 

先ほどのお客様の試着では主に、素材とカタチで似合うものが分かれていましたが、

あと似合うの要素としては

色が挙げられます。

 

 

そう、白シャツっていうと、一般的なイメージは真っ白

だけど、実際は真っ白って意外に少ないんです。

 

そして、この真っ白に注意が必要。

 

 

例えば、病院の先生がきている白衣はまさに真っ白。

給食当番とかで着るエプロンとかも真っ白。

 

 

でも、なんか先生って白衣が浮いているーーーーって思う人多くないですか?

 

 

真っ白って実はけっこう似合う人が少ない色。

 

なんせ、日本人は黄色人種なので黄みががかった肌色の人が多いので、

服の白の方が強い印象を与えて、

 

なんか、似合っていない
なんか、違和感がある

 

と思うことも。

 

もちろん、青みがかった肌色の方などは真っ白が似合う場合もありますが、

ここで覚えていてほしいのは

白シャツだからといって、より白いものを求める必要はない!!

 

ということです。

真っ白がいいんじゃなくて、自分に似合うものや着たい物が結局は最高の一枚だ思います!!!

 

似合うものを見つけることが着やせにもつながりますので、

白シャツは定番でかつ、種類がすんごい多いだけにしっかりと選びたいアイテムと言えますね

 

The following two tabs change content below.
yui1123

yui1123

林ゆい 8歳女子のママ。身長153センチ。母も父も太っていたことから、小さいころはトン(豚)族一家と呼ばれていた。特に母がかなり太っていて、潜在的にこうはなりたくない!!と思うように。高校の頃、ピークに太り58キロまでになるが、好きな人が『細い子が好き』というのを知り、ご飯があまり食べれなくなり、18キロ痩せ、40キロになるが、それでは自分は太っていると感じて、肯定することができなかった。徐々に年をかさねるにつれ、体重は増えていったが、実際に太っているかどうかは数字ではなく、結局人からどう見えるかが大事と感じ、少しでも細く見える服選びを研究するように。人からも体重を聞くと驚かれるなど、太って見られることはなくなった。ダイエットはいくらがんばってもすぐには叶わないが、服の選択を変えることは一瞬で叶うことから、同じように悩んでいる人に、少しでも細く見えることで前向きになってほしいとの思いから、着痩スタイリストとして着やせを提案している

 - ■ぽっちゃりさんの着やせ術