着やせに必要なのはまずは体型を知ること

   


ぽっちゃりと一言で言っても

ぽっちゃりと一言で言っても、いろんなタイプがあります。

上半身が気になる人もいれば、下半身が気になる人もいるし、

筋肉タイプもいれば、脂肪がぶよぶよという人も。

 

もっといえば、どう見てもぽっちゃりしていないのに、本人だけがぽっちゃりしていると

思い込んでいる、「思い込みぽっちゃりさんも」

 

着やせするためにはまずは、自分がどのタイプのぽっちゃりさんか、知っておく方が絶対に便利です。

 自己診断をしてみよう

こちらに自分で簡単にできるぽっちゃり診断を用意しました

自分でできるぽっちゃり診断

ぽっちゃりしているからこそ、どこもかしこも気になるし、
あてはまるわーーーー

って方もいるかもしれませんが、特にどちらが気になるのか鏡などを見ながらチェックしてみてくださいね。

服を着て鏡を見るとどうしても服のラインに左右されますので、できれば裸もしくは体のラインが出る服でチャレンジしてください

 

結果は何タイプでしたか?

 それぞれのタイプで気をつけるべきところはちがいます

着やせのセオリーはいろいろありますが、全部ひとまとめにして気をつけるべきところと、

全部一緒では着やせしない場合とあります。

 

だって、それぞれの体型が同じぽっちゃりでも、どこがぽっちゃりしているのかによって、隠すべきところと見せるべきところは変わってきます。

例えば一般的にはおしゃれに見えて、細く見えるといわれる手首見せ。
だけど、むっちりさんタイプの人が大胆に袖をめくると、却って手首にある肉を強調してしまうこともあります。

ぷにゅ子さんタイプの人は細く見せたいからと足にぴったりするストレッチの効いたスキニーをはくとますます肉感が強調されて

 

まるで、、、、、、、

 

ボンレスハム

 

 

になりますので、ご注意を!!!

 

 

同じ下半身太りの方でも筋肉質タイプのがっちりさん

であれば、スキニーをはいても肉感は目立ちません。

 

 

このようにタイプによって気をつけたいところが変わってくるので、

まずは自分の体型をよく知りましょう

 

The following two tabs change content below.
yui1123

yui1123

林ゆい 8歳女子のママ。身長153センチ。母も父も太っていたことから、小さいころはトン(豚)族一家と呼ばれていた。特に母がかなり太っていて、潜在的にこうはなりたくない!!と思うように。高校の頃、ピークに太り58キロまでになるが、好きな人が『細い子が好き』というのを知り、ご飯があまり食べれなくなり、18キロ痩せ、40キロになるが、それでは自分は太っていると感じて、肯定することができなかった。徐々に年をかさねるにつれ、体重は増えていったが、実際に太っているかどうかは数字ではなく、結局人からどう見えるかが大事と感じ、少しでも細く見える服選びを研究するように。人からも体重を聞くと驚かれるなど、太って見られることはなくなった。ダイエットはいくらがんばってもすぐには叶わないが、服の選択を変えることは一瞬で叶うことから、同じように悩んでいる人に、少しでも細く見えることで前向きになってほしいとの思いから、着痩スタイリストとして着やせを提案している

 - 未分類