何を着てもキッチリしすぎて、あか抜けません(涙)

   


 あか抜けるための着こなし簡単ポイント

お友達が先日私がお勧めしていましたGUのレーススカートを買ったらしく、

ただ、これを着崩すとかができない・・・・

 

と言っていました。

 

 

確かに、まじめな性格の人とか、

こうあらねばならない的な人はおしゃれも結構ひとつの系統にまとめがちです。

 

なんでもおまとめはお得だったりします。

 

 

そこで、着崩し(あか抜ける、抜け感をだす)ための簡単なポイントをお伝えします!!

 

 

まずは、系統が違うものを一つ投入する。

 

 

例えば、お友達はこんな服装だったらしいので、

 

まずは中にきているニットをTシャツに変えちゃいます

 

もちろん、Tシャツはちょっとゆとりがある長いものをウエストINもしくは、

前だけウエストINしちゃいます。

 

これだけでも、ずいぶんと印象が変わります。

 

 

次に、ヒールをスニーカーにしちゃいましょう。

 

 

ここまでくると、キッチリした印象はなくなり。

キッチリとカジュアルが同じぐらいの割合になります。

 

言い方を変えると、

男アイテムと女アイテムが半々。

 

こうやって、全部をきっちりしたアイテムでまとめると、

印象としては、そのままキッチリした人になります。

ただ、おしゃれ感にはちょっとかけちゃうし、子供と出かけるには

うーーーーんちょっとという場合は、どんどんとちがう系統のアイテムを

いれてあげると、印象は変わりますし、着崩した感じがでておしゃれさんになれますよ。

 

印象をカジュアルにしたければ、カジュアルアイテムをどんどん多くしていけば

いいんです。

 

これは、こう着なければとか、

キレイ目なアイテムだけにキレイ目しか合わせられない

 

っという思い込みが着崩しを邪魔しちゃいますので、まずは一点、

違うアイテムを投入するところから初めてくださいね!!

 

↓こちらの、着やせの7レッスンにはもっと詳しくいろいろご説明しているので、

ぜひチェックしてみてくださいね!!

The following two tabs change content below.
yui1123

yui1123

林ゆい 8歳女子のママ。身長153センチ。母も父も太っていたことから、小さいころはトン(豚)一家と呼ばれ、それ以後もずっと太っていたことから、太っていることに悩み続けてきた。しかし、服をどう選び、どう着るかによって痩せて見えることがわかるようになり、着痩せを研究するように。

 - 未分類