おばちゃん注意報!!これをやったら即おばちゃん!!1か月コーデ12日目

      2017/06/23


 おばちゃん注意報!!

昨日は同行ショッピングをして、その後アクセサリーのお披露目会という、

おしゃれ関係のお仕事ばかりで、ウキウキの一日でしたーーーー♡

お客様も服にしても、アクセにしても、とってもウキウキした時間をご一緒していただけてよかったーーーー。

 

ちなみに今日のコーデはこちら

 

ところで、アラフォーともなると、気を抜くと即おばちゃんになってしまいます

年齢とともに、この差はどんどん広がって、年はいっているのに、

見えなーーーい(若く見える)

って人と、

みえなーーーい(もっと上に見える)

って人とに分かれます。

 

ドラマの人は見た目が100%ではないけれど、これって結局見た目の印象でしかありません。

そして、母がすんごい太っていたか、太っているとか、太く見える外見というのも

あたしにとってはおばちゃんに見えるポイントでもあります。

 

別に若作りしたいわけじゃないけど、無理のない範囲で若く見られたい
というか、おばちゃん~という言葉が似合う人にはなりたくないなーーーと思うのです。

 

そこで、おばちゃんになりがちな人のチェックポイント



をまとめてみました。

・服はしばらく買っていない

・デニムはいつまでもサイズが入れば着れると思っている

・いつも同じお店でしか服を買わない

・ウエストIN、プチプラ?なんのこちゃ??と思っている

・服が捨てれない

・○○すぎる(ひとつのアイテムやテイストが好きすぎて全身で精一杯とりいれている)

 

 

・服をしばらく買っていない

若いころから興味の有無は分かれるけど、若いころは若いだけに何を着てもなんとかなる!!

でも、年をいくと、ほったらかしではダメ!!

常に自分を見直し、関心をもち、少しでもよく見せよう!!と努力することが必要。

極端に高い服も、たくさん買う必要もなく、その時の自分を見なおし、似合うものを取り入れていることが重要

・デニムはサイズははいれば着れると思っている

確かに生地は丈夫だし、痛まない。でも、意外にすんごいトレンドを繁栄するのがデニム

もったいないから「はく」という気持はそもそも、おばちゃん。

あと、伸びていて切れるだけで実際は無理して着ていることも。

トレンドを上手に取り入れた古臭くないデニムを買いましょう

(ちなみにあたしも人の事は言えない・・・おばちゃん化だ)

 

いつも同じ店でしか買わない

その店、ほんとに今の自分に合っていますか?

年齢とかそういうことではなくて、そこしかいかないという選択は変化する自分合っていなくなっているかも?

しかも、自分が変身する機会を失っている場合もあるので、違うお店ものぞいてみましょう

ただし、基本的にトレンドで出ているものは似たりよったりの場合も 笑

 

 

みなさん、いくつおばちゃん行動にチェックが付きましたか?

着痩せを目指すということは脱おばちゃんにもつながります。

 

だって、ちゃん自分に目を向けて改善していこうーーーってことだから。

おしゃれしている人って、体型がどうあれ、近所のおばちゃんには見えないでしょ??

 

あたし、やばいかも・・・

って人はまずは画像をクリックして着やせを無料で学んでみてくださいね!

 

The following two tabs change content below.
yui1123

yui1123

林ゆい 8歳女子のママ。身長153センチ。母も父も太っていたことから、小さいころはトン(豚)族一家と呼ばれていた。特に母がかなり太っていて、潜在的にこうはなりたくない!!と思うように。高校の頃、ピークに太り58キロまでになるが、好きな人が『細い子が好き』というのを知り、ご飯があまり食べれなくなり、18キロ痩せ、40キロになるが、それでは自分は太っていると感じて、肯定することができなかった。徐々に年をかさねるにつれ、体重は増えていったが、実際に太っているかどうかは数字ではなく、結局人からどう見えるかが大事と感じ、少しでも細く見える服選びを研究するように。人からも体重を聞くと驚かれるなど、太って見られることはなくなった。ダイエットはいくらがんばってもすぐには叶わないが、服の選択を変えることは一瞬で叶うことから、同じように悩んでいる人に、少しでも細く見えることで前向きになってほしいとの思いから、着痩スタイリストとして着やせを提案している

 - 未分類 , , , , , , ,