これだけははずちゃいけない、着痩せする服の3つの特徴

   


 そもそも着痩せ服って何?

そもそも着痩せ服ってなんでしょ??

例えば、服の中でもこれを着ると『太く見える』とか、『なんか大きく見えるな・・・』というものと、着ると実際よりも

・細く見える
・すっきりして見える

という服とありませんか?

 

着痩せする服というのももちろん後者。

実際よりも細く見える!!

これが重要で、
着るだけですっきりと細く見せてくれる服なのです。

 

どんな服でも着痩せできれば、選ぶのも簡単だけど、

そうはいかないからこそ、選びのが難しいということも。

そこで、着痩せ服を選ぶ際の3つのポイントをあげてみましょう。

 

 着痩せ服を選ぶ際に必要な3つのポイント

1、ジャストサイズを選ぶ

 

ジャストサイズと言っても、服のデザインによっては大き目のものもあります。

常に体にそうものを選びましょうというわけではありませんが、

一番自分をきれいに見せてくれるサイズをしっかり選ぼうとすること。

これが重要なんですよね。

はいるから~、着れるから~と適当に選んでいては、その服を着ても着痩せしません。

 

2、全身のバランスが取れること

いくら単品でかわいいお洋服でも、全身でコーディネートをした際にバランスがしっかりとれることが重要です。

というと、分かりにくいですけど、選び方としては試着をする際には必ず、自分が実際に合わそうと思うようなものも試着室に持ち込み、上下で試着してみること。

 

そして、試着室から出て靴を履いて、全身のバランスを見ましょう。

もちろん、その際は前・横・後ろ姿をチェック。

どこか一点に視線がいくことなく、全身としてすっきり見えるのであれば、その服は合格。

実際に買って活用しても着痩せ服として活躍してくれます

 

3、試着しまくること

 

3つ目のポイントはひたすら、試着をすることです。

ジャストサイズを選べと言われても、普通ならそれがわからず悩んでいるはず。

全身バランスがいいものを・・・と言われても何がバランスいいのやら・・・

でも、これって数をこなして目を肥やすことでしか養われません。

でも、サイズを選ぶために普段のサイズの前後サイズを着てみると、その違いは明確。

必ず自分でもこっちの方がすっきり着痩せして見えるというサイズを選べます。

いつもはMサイズでも、メーカーも変わればブランドも変わる。
同じようなデザインでもちょっとした縫製の違いで細く見えたり、太って見えたりもしますから、

まずは数を着ることが、着痩せへの近道になります。

 

 着痩せは一瞬で叶うもの

以上、3つのポイントどうでしたか?

着痩せは一瞬で叶うものですが、着痩せ服をちゃんと選べるようになるには、それなりの訓練と手間がかかります。

逆にいうと、選べるようになりさえすれば、その服を着るだけで細く見えるんですから、一瞬で着痩せすると言えるんです。

自分で選べないという方はぜひ、

無料のレッスンを試してみてください。

実際に役立つレッスンがいっぱいですから。

The following two tabs change content below.
yui1123

yui1123

林ゆい 8歳女子のママ。身長153センチ。母も父も太っていたことから、小さいころはトン(豚)族一家と呼ばれていた。特に母がかなり太っていて、潜在的にこうはなりたくない!!と思うように。高校の頃、ピークに太り58キロまでになるが、好きな人が『細い子が好き』というのを知り、ご飯があまり食べれなくなり、18キロ痩せ、40キロになるが、それでは自分は太っていると感じて、肯定することができなかった。徐々に年をかさねるにつれ、体重は増えていったが、実際に太っているかどうかは数字ではなく、結局人からどう見えるかが大事と感じ、少しでも細く見える服選びを研究するように。人からも体重を聞くと驚かれるなど、太って見られることはなくなった。ダイエットはいくらがんばってもすぐには叶わないが、服の選択を変えることは一瞬で叶うことから、同じように悩んでいる人に、少しでも細く見えることで前向きになってほしいとの思いから、着痩スタイリストとして着やせを提案している

 - 未分類 , , , , , , , , , , , , ,