あか抜けない人の『あか抜けない理由』

   


 なぜ私はあか抜けない?

例えば、同じユニクロの服。

インスタとかで、素敵に着ている人がいて、きゃーーー、あの服可愛い!!

と思って、買いに行く。

で、ルンルンに買って帰ってもいざ着ると、あれれ~~~

似合わない。。。。というか、なんか別にいけてない・・・

みたいなことありませんか?

同じ服なのに、なんか違う・・・

あの人はあんなに素敵なのに、どうして???

ってことありません????

 

もちろん、体型の違いも大きいんですけど、それ以外にも根本的なこんな違いがあるんです。

 あか抜けている人とあか抜けていない人の考え方の違い

あか抜けていない人は、服だけであか抜けようと思っています。
なので、なんか、この服おしゃれに見えない・・・と思うと、

服を変えようとします

でも、あか抜けている人は自分に似合う・似合わないにかかわらず、上手に服を抜け感を作ります。
ここが『あか抜けている人』と『あか抜けない人』の決定的な違いです

 

もっとわかりやすくいうと、あか抜けている人は着方や髪型、小物など全体のバランスを上手に作れる人で、服をただ着るだけでは上手にあか抜けることができないと知っています。

なので、シンプルな服には上手に小物などで盛ってプラスにするし、
服にデザイン性が有る場合は、他はあまり飾らず引き算をする。

 

結局全身のバランスをどう作るかがあか抜けのコツであり、あか抜けられない人は
全身のバランスを上手に作れないんですよね。

 

だから、服を買っても買ってもあか抜けないし、いつまでたっても
『なんかあの人おしゃれ』ってならないんですよね

 目指すのは『なんか普通』だけど『おしゃれ』なあか抜け美人

もちろん個人の好みにもよるけど、今雑誌やインスタ、ブログなどで人気な人は
・プチプラでシンプル
・誰でも真似できそう
・ママの日常に簡単に取り入れられる
・自宅近所を歩ける服(変に悪目立ちしない=場違いではない)
・わたしでも着れそうと思える

こんな方が人気ですよね。

結局、特別なことをしたいというよりはあくまで普段着をもっとおしゃれにしたいし、

あか抜けたいと思っている人が多いんだと思います。

人気がある方はみんなあか抜け上手。
でも苦手な人はなかなか自分で変身するのは難しい。
けど、一度でもそのあか抜けを知ると、一気に自分でも抜け感を作れるようになります。

それは例えばスポンジケーキを作るのに、いくら本を見ても
レシピ通りでもうまく作れない人が

 

プロにちょっとコツを教えてもらっただけでうまく膨らむようになり、

それからは自分で上手やけるようになった。

 

というのと同じように、自分の中だけであか抜けようとしても、

なかなか変化できないんですよね。

だって、自分の中にそのコツがまだないから。

 

でも、ちょっと教えてもらうだけで、きっと今までできなかった分、

できるようになりますから、

自分だけではあか抜けられないって人はプロに聞いた方が

間違いなくあか抜けへの近道ですよ♡

 

いらん服を何枚を買ってしまう方が無駄ですからね~

プロに頼みのはハードルが高いって人はまずおしゃれな人をとことん、研究してみましょうー。
何が違うのか研究してみてください。

 

<今日のポイント>

・あか抜け美人は全身のバランスを知っている人
・盛り上手、引き算上手であること

 

The following two tabs change content below.
yui1123

yui1123

林ゆい 8歳女子のママ。身長153センチ。母も父も太っていたことから、小さいころはトン(豚)族一家と呼ばれていた。特に母がかなり太っていて、潜在的にこうはなりたくない!!と思うように。高校の頃、ピークに太り58キロまでになるが、好きな人が『細い子が好き』というのを知り、ご飯があまり食べれなくなり、18キロ痩せ、40キロになるが、それでは自分は太っていると感じて、肯定することができなかった。徐々に年をかさねるにつれ、体重は増えていったが、実際に太っているかどうかは数字ではなく、結局人からどう見えるかが大事と感じ、少しでも細く見える服選びを研究するように。人からも体重を聞くと驚かれるなど、太って見られることはなくなった。ダイエットはいくらがんばってもすぐには叶わないが、服の選択を変えることは一瞬で叶うことから、同じように悩んでいる人に、少しでも細く見えることで前向きになってほしいとの思いから、着痩スタイリストとして着やせを提案している

 - ■ぽっちゃりさんの着やせ術 , , , , , , , , , ,