ちょっとでも細く!!着痩せして得する人の、服選びのポイント

   


 ちょっとでも細く見せたい!!永遠のテーマ

ぽっちゃりさんにとって、少しでもちょっとでも細く見せたい!!というのは
いくつになっても思う、ぽっちゃりさんの永遠のテーマ

アラフォーで細い人は逆にちょっとでも女性らしくぽっちゃりと見せたいとも聞くから、

ひとそれぞれだなーーーーと思うけど、やはり人間ないものねだり!!

ぽっちゃりさんからしたら、1ミリでも細くが基本なわけで。

でも、実際は細くないのに、細く見える人と、

却って太く見えて損しているひとの違いってなんでしょ???

 

服の選び方の前に、そもそも考え方から違うんです。
どう違うのかというと・・・

 着痩せして得する人の、服選びの考え方

着痩せして得する人は

1、隠すことをしない

ぽっちゃりさんは隠したがり屋さんが多い。
服で全体を覆っちゃえば、細く見えるなんて勘違い
単純に、体の線にそった大きさと、体よりも大きくラインをとったとき、形として

どっちが大きく見えるかといえば、

間違いなく、体より大きくラインをとった場合。
これはちょっと考えたら誰でもわかること。
だけど、隠したいという心理と、おおきめなら大丈夫(太っても着れるだろうとか、試着せずこのサイズやったらはいるなーーーって感じ)
の安心感をもとめ、どんどん大きめの服を選びがち。

確かにぴちぴちなサイズ感も、脂肪がかえって目立つから細くは見えない。
ので、注意が必要だけど大き目サイズを、女っぽく、華奢な感じで着れるのは、本当に華奢ななひとだけーーーー。
なので、まず、大き目を買わない!!とそもそも思っている人は、選ぶ服がそもそも着痩せする服を選んでるんですよね

 

2、手間を惜しまない

ジャストなサイズを探すために、必ず試着します。

特にトップス。

体にピッとあてて、これならいけそう~と手軽には買わない。
着痩せだけではなく、なんでも手間暇かけるからこそ、成果がでる!!

ので、必ず試着するし、いくつかサイズを着るなどし、自分にとって、より細く見えるものを選ぼうという気持が強い

3、黒ばかりに頼らない

黒=着痩せとは思っていない。
ボトムはともかく、トップスは顔に色が移り、似合わない色だとより顔を大きくみせちゃいます。

顔が小さかったり、細かったりすると、全体の印象はぐっと変わるもの。
だけに、より小顔に見える色(着痩せする色)をちゃんと知っている

知っているからこそ、効果的に着痩せ色を投入し、全体をほっそりと見えることができている

 まとめ

着痩せして得するする人の服選びの考え方は
1、隠すことはしない
2、手間をおしまない
3、黒ばかりに頼らない

そして、極めつけはこれ!!
いかに少しでも着痩せして見せたい!!と自分が強く思っているか、なんです。

強く思っていない人はそこまで追求しない
だけど、本気でめちゃめちゃ着痩せしたい!!って人は

そもそも太くみえるものは選ばない。
本気だからこそ、本気で着痩せするという結果が得られるんですよね

 

どうやってこだわったらいいだ・・・
って方は着やせの7レッスンをチェックしてみてください。
無料のメール講座になっています

The following two tabs change content below.
yui1123

yui1123

林ゆい 8歳女子のママ。身長153センチ。母も父も太っていたことから、小さいころはトン(豚)族一家と呼ばれていた。特に母がかなり太っていて、潜在的にこうはなりたくない!!と思うように。高校の頃、ピークに太り58キロまでになるが、好きな人が『細い子が好き』というのを知り、ご飯があまり食べれなくなり、18キロ痩せ、40キロになるが、それでは自分は太っていると感じて、肯定することができなかった。徐々に年をかさねるにつれ、体重は増えていったが、実際に太っているかどうかは数字ではなく、結局人からどう見えるかが大事と感じ、少しでも細く見える服選びを研究するように。人からも体重を聞くと驚かれるなど、太って見られることはなくなった。ダイエットはいくらがんばってもすぐには叶わないが、服の選択を変えることは一瞬で叶うことから、同じように悩んでいる人に、少しでも細く見えることで前向きになってほしいとの思いから、着痩スタイリストとして着やせを提案している

 - 未分類 , , , , , , , , ,